日蓮宗 松久山妙蓮寺

日蓮宗 松久山妙蓮寺

日蓮宗 松久山妙蓮寺|祈祷
ホーム妙蓮寺について > 祈祷

祈祷

加持祈祷とは
加持祈祷の役割



祈祷とは神仏のご加護を願い、災いを除いて福を招き、諸願を祈ることです。
強く祈ることにより、現世に尾は安穏になり、大難が小難、小難が無難に転じ、祈祷の効力が強く現れます。




祈祷とは神仏のご加護を願い、災いを除いて福を招き、諸願を祈ることです。
強く祈ることにより、現世に尾は安穏になり、大難が小難、小難が無難に転じ、祈祷の効力が強く現れます。



日蓮宗修法師
日蓮宗における修法師は、千葉県の正中山法華経寺において11月1日から2月10日までの100日間行われる日蓮宗大荒行堂を満行した僧侶を指します。
この日蓮宗大荒行は世界三大荒行の一つと数えられており、真冬の100日の修行期間では修行僧は2時間半ほどのわずかな睡眠時間と質素な食事時間以外は一日七回の水行と読経に明け暮れます。壮絶な苦行に身を投じて自らの霊験を高めることで、修行僧は加持祈祷の師範である伝師から秘伝の手法を授かります。
この秘伝の手法を用いて加持祈祷を行うことが日蓮宗修法師の勤めです。

MoreInformation



 

ページ上部へ